善光寺雲上殿について善光寺雲上殿について

トップページ > 善光寺雲上殿について

善光寺雲上殿納骨堂について

善光寺雲上殿

創建当初から宗派を問わない善光寺には、古くから納骨の風習があり、人々は如来様のお慈悲に包まれたこの地に個人のご遺骨を納めて、その遺徳を偲び、極楽往生を祈りました。

また御詠歌の一節「身はここに心は信濃の善光寺 導き給へ弥陀の浄土へ」にちなんでか、ご分骨を善光寺にお祀りすることも広く行われて参りました。

善光寺雲上殿は、本堂から北へ約1キロ、地附山の中腹にあって善光寺平を一望する大納骨堂です。本殿は昭和24年に落慶し、本殿と渡り廊下でつながれた西納骨堂が平成9年に建立されました。また平成27年2月には東納骨堂が新たに建立されます。雲上殿では善光寺如来様のご分身仏をお祀りし、善光寺本堂をお護りしている一山住職による読経が絶えません。

善光寺雲上殿 全体図

善光寺雲上殿 全体図
東納骨堂は平成27年2月落慶

東納骨堂 各階について

東納骨堂 各階
平成28年3月24日現在