善光寺の行事

特別行事

善光寺前立本尊御開帳(ぜんこうじまえだちほんぞんごかいちょう)
数え年で7年に一度

数え年で7年に一度(現在は丑と未の年)、秘仏である御本尊様のお身代わりとして、まったく同じお姿の「前立本尊」様を本堂にお遷しして全国の人々にお参りいただく盛儀です。4月から5月にかけて行われ、平成二十七年(2015年)の御開帳には707万人の方が参詣されました。
現在の本堂建立の際、松代藩が普請奉行にあたったというご縁から、毎回松代町から「回向柱(えこうばしら)」が寄進され、本堂前に立てられます。回向柱は前立本尊の右の御手と善の綱で結ばれ、柱に触れる人々にみ仏のお慈悲を伝えてくれます。

次回の御開帳は、数え年で七年後の予定でございます。

p_4_02