山門拝観のご案内

p_01善光寺山門は、江戸時代中期の寛延三年(1750年)に建立されて以来、大勢の参詣者を本堂に迎え入れてきた歴史ある門です。様式は五間三戸二階二重門、屋根は入母屋造りの栩葺で、国の重要文化財に指定されています。

弘化四年(1847年)の善光寺地震、昭和四十年代の松代群発地震などの影響で建物の基礎が損傷し、加えて全体の老朽化も進んだことから、平成十四年 (2002年)10月から平成十九年(2007年)12月までの約五年間、初の大規模な修復工事となる平成大修理を実施いたしました。これによって、山門は従来の檜皮葺屋根から建立当初の栩葺屋根に復原され、国内に現存する最大の栩葺建造物として甦りました。

善光寺では、この修復完了を記念して、約40年にわたって中断されていた二階への登楼参拝を、平成二十年(2008年)から再開いたしました。内部では山門本尊の文殊菩薩像、その四方を守護する四天王像、色鮮やかに修復された仏間の障壁画、四国八十八ヶ所霊場御分身仏などをご覧いただくことができます。

また、平成二十三年(2011年)からは登楼参拝の記念として、二階から見渡せる善光寺参道の眺望を、平成二十九年(2017年)夏からは、建立以来初、回廊を巡ることができるようになり、本堂を鳥瞰的に見ることができ、お手持ちのカメラで撮影いただけるようにいたしました。この機会にどうぞ足をお運びくださいますよう、謹んでご案内申し上げます。

sandou

* 山門楼上より、善光寺平を一望できます *

山門拝観時間

■受付時間:毎日午前9時~午後4時(予定)
※受付終了時間は、混雑状況等によって早まることがあります。
■拝観料:大人 500円 / 高校生 200円 / 小中学生 50円
  • ※障害者手帳をお持ちの方は、ご本人と付き添いの方1名様まで無料でお入りいただけます。
  • ※善光寺信徒会会員の方は、無料でお入りいただけます。受付で会員証をご提示いただくか、袈裟をご着用の上お越しください。

拝観の定

p_02

  • ・拝観の際は、係の者の指示に従ってください。
  • ・文化財保護のため、一度に登楼いただける人数に限りがございます。混雑状況によっては拝観をお待ちいただくことがありますのでご了承ください。
  • ・門内へは、下足を脱いでお入りいただきます。
  • ・門内の通行(階段及び楼上等)には十分ご注意ください。通行中の事故等については責任を負いかねます。
  • ・善光寺の判断により入場をお断りする場合があります。あらかじめご了承ください。(酒気帯びと見なされる方や、小学生以下の方のみでの拝観はご遠慮願います。)
  • ・門内の通行には充分ご注意ください。通行中の事故等については責任を負いかねます。
  • ・門内への飲食物の持ち込みはご遠慮願います。
  • ・仏像・壁・障壁画等、建物内の映像撮影や写真撮影はご遠慮ください。携帯電話の使用(撮影を含む)もご遠慮ください。