善光寺近況情報

ネパール地震募金

2015年4月25日に発生したネパール周辺地震に伴い、善光寺境内にて募金箱を設置いたしておりました。
4月28日の募金箱設置から、御開帳終了の5月31日までで、
727,463円の募金が集まりました。
こちらは、全日本仏教協会を通じ、被災された方々へお送り致します。

ご支援、ご協力いただきましたみなさまに心より御礼を申し上げます。

善光寺からのお願い

善光寺事務局では、参拝される皆様の祈りの場である善光寺境内において、ドローンをはじめとするリモコン操作による無人飛行機の持ち込み・操縦・飛行・撮影等を行うことは、参拝される皆様に快く安全に参拝していただくため、これを固くお断りいたしております。

皆様におかれましては、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

なお、報道関係者等の方につきましては、善光寺境内において撮影を行う場合、事前に書面にて申請していただき、当事務局の許可を受けていただきますようお願い申し上げます。

中日庭儀大法要 ー浄土宗ー

20150509_chuniti.joudo
平成27年5月9日に、大本願、浄土宗一山により中日庭儀大法要が執り行われました。
本堂前で稚児による礼讃舞や、回向柱前では僧侶らによって読経がおこなわれました。

本堂回廊より散華がまかれると、境内につめかけた参拝者が手に入れようと腕をのばしていました。
本堂内での式が終了した後、大本願までお練りをする列の両脇には参道にいた大勢の参拝者が行列の様子を見守りました。

中日庭儀大法要 ー天台宗ー

20150425_chunichiteigi3
平成27年4月25日に御開帳のハイライトである、中日庭儀大法要が大勧進、天台宗一山住職により執り行われました。
本堂前に朱傘がならび、きらびやかな衣を纏った僧侶が読経しました。散華がまかれると、極楽浄土を思わせるような光景がひろがりました。

5月9日にも浄土宗による中日庭儀大法要が行われますので、ぜひお越しください。

 

 

御開帳ライトアップ

20150404_lightup

御開帳期間中、毎日日没から午後9時まで本堂と回向柱のライトアップを行っています。
こちらは本年の御開帳から始まった新しい企画です。
本堂は極楽をイメージした色に照らされ、日中とは違った雰囲気の中ご参拝いただけます。
ライトアップに合わせ、午後9時まで本堂外陣を開けておりますので、びんずる尊者像もご参拝いただけます。授与品所、同じ建物内にて納経所(御朱印所)も開けています。
ぜひ、夜空に浮かびあがる本堂と回向柱をご覧になってください。

(写真は4月4日のライトアップ点灯式の時のものです)

平成二十七年 善光寺前立本尊御開帳

 本日4月5日より、善光寺前立本尊御開帳が始まりました。

20140405-23月29日に長野市松代町より回向柱が牛に引かれて本堂までやってきました。
そして4月3日に回向柱が本堂前に立ち、4月4日に前立本尊様が本堂へ安置されました。

本日のお朝事で善光寺住職によって、数え年で七年ぶりに前立本尊様が入っている厨子の扉が開けられた瞬間、本堂内に詰めかけた参拝者からは歓声やどよめきがおこりました。

御開帳を心待ちにされておりました多くの参拝者が回向柱の前に、列をつくり前立本尊との結縁を求めいらっしゃっておりました。

約二ヶ月の間、様々な行事が執り行われる予定でございます。
みなさまぜひこの機会に御開帳にお越しください。

20140405-3

20140405

東日本大震災追悼法要

平成23年3月11日に発生した東日本大震災より、今年で四年が経ちました。
善光寺では今年も追悼法要を、本堂、そして東庭園にある地蔵堂前にて行いました。
法要には善光寺の僧侶や長野市仏教会のご住職方、またたくさんの方にご参列いただきました。
地震発生時刻に合わせ、本堂回廊にある鐘とともに黙祷を捧げました。

また、3月11日より東参道沿いにある地蔵堂の御朱印が開始されました。
こちらは、本堂正面御朱印所にて承っております。
善光寺ご参拝の際に、ぜひお越しください。

P1040729  P1040756

第64回善光寺節分会

20140206節分会
 2月3日、善光寺本堂にて第64回善光寺節分会が行われました。当日は特別来賓のゲストをはじめとした、約700人の年男、年女、福男、福女の方々が本堂回廊より「福は内、鬼は外」のかけ声で一斉に福豆などを撒きました。
 大変寒いなか、多くの参拝者が福を授かりにお集まりいただき、満面の笑顔で家路に向かいました。
 まだまだ寒い日が続きますが、今週末には恒例の長野灯明まつりが開催されます。鮮やかな5色の光に境内がライトアップされます。ぜひお誘い合わせの上、おいで下さいませ。

新年のご挨拶

この度の地震で善光寺鐘楼が一部破損してしまうという事態に見舞われましたが、20日、無事に鐘楼の曳家作業が終わり、除夜の鐘で新年を迎える準備ができました。
26日には、寺院から参詣者にお授けする御札や御守、また守護矢・招福熊手・ダルマ・干支置物などの縁起物にお魂を入れる開眼法要も行われました。
 二年詣り、初詣へ大勢の方にお越しいただき、平成27年が皆さまにとって素敵な年となりますよう御祈念申し上げます。

141231_鐘楼曵家 141231_授与品開眼 141231_山門新年

合格書初めについて

平成26年 1月1日から以下の期間中、善光寺では受験生の為に「合格書初め」を実施いたします。
重要文化財善光寺山門の御本尊は、文殊菩薩さまと言い智恵の仏さまです。この機会に、心をこめてお願いごとを書き「“合”書く」(“ごう”かく)の“合”を朱色でなぞって書いて願掛けし、山門内の文殊菩薩さまへぜひお参りください。
「合格書初め」をされた方の中から、ご希望者には「文殊菩薩さまの御札」をお授けいたします。学業成就や試験合格のご利益を授かってください。
(なお、山門は1年を通して参拝いただけます。)

  • ○日時:平成27年1月1日(木)〜3月22日(日)
  • ○時間:毎日午前9時〜午後4時
  • ○方法:山門東側テント内にて、書初めをしていただき文殊菩薩さまにお参りください。

※文殊菩薩さまへお参りする際、山門拝観券が必要です。