善光寺法話

第10回  お盆縁日

善光寺お盆縁日・大盆踊り会

▲善光寺お盆縁日・大盆踊り会

8月になりますとお盆を迎えます。地方によっては7月におこなわれたり、期間が異なったりしますが、長野では8月におこなわれるので今月お話させていただきます。

「お盆」とは略されたよびかたでして、正式には「盂蘭盆会」といいます。

普段私たちは忙しかったり、またそれぞれ色々な事情で家族一緒に過ごせずになりがちですが、お盆のあいだは家族みんなでふるさとにあつまり、迎え火を焚いて「このあかりでおいでおいで」といいながら浄土からご先祖様をお迎えします。そして家族みんなで顔をあわせて食卓を囲み、いろいろあった出来事を話し合ったり、また自分では知らない家族やご先祖様の昔話など聞いたりしてだんらんの場をもち、そしてみんなでご先祖様にご飯やお線香などさまざまなものをお供えしてお参りをします。このようにしてお盆のあいだは家族みんなとご先祖様と一緒に過ごしています。

最後には、今年一年無事に過ごさせていただきありがとうございました、また来年お会いするまで一年無事に過ごせますようにとお願いしながら送り火を焚いて「このあかりでおかえりおかえり」といいながら浄土へお帰りいただきます。

地域やそれぞれの町や村で過ごし方や、お迎えの仕方、お送りの仕方など異なると思われますが、お盆は家族みんなでご先祖様の菩提をお弔いし、短い期間ではありますがご先祖様を浄土よりお迎えして一緒に過ごすという、昔からずっと続いてきた一年に一度の伝統行事といえるとおもいます。

さて、昨年、本堂再建三百年記念事業の一環として、善光寺境内での盆踊りが約60年ぶりに再開されました。その盆踊りを中心とした夏祭り『善光寺お盆縁日』が、今年も盛大におこなわれます。期間は8月13日、14日、15日の3日間です。本堂前に大やぐらを設置し、その周りで皆様が一緒に踊れるようになっています。時間は17時20分から18時20分までが子供の部、その後3歳から小学校低学年位のお子様と保護者の方と一山住職で精霊会法要を厳修し、19時から21時まで大人の部をおこないます。同時に、本堂内におきましては閻魔大王特別拝観、境内周辺には様々な夜店の出店もあったりと、たいへんにぎやかになるとおもわれます。ぜひご家族皆様でご来山いただき、善光寺如来様の御前でご先祖様と共に楽しいひとときをすごしていただけたらとおもいます。