善光寺前立本尊御開帳

数え年で7年に一度、絶対秘仏である御本尊様のお身代わりとして、まったく同じお姿の『前立本尊』様を本堂にお遷しして全国の人々にお参りいただく盛儀です。
現在の本堂建立(1707年)の際、松代藩が普請奉行にあたったというご縁から、毎回市内の松代町から『回向柱(えこうばしら)』が寄進され、本堂前に立てられます。
回向柱は、『前立本尊』の右手の中指と“善の綱”で結ばれ、柱に触れる人々に“御仏”のお慈悲を伝えてくれます。
当初は令和4年4月3日(日)から5月29日(日)の57日間の予定でありました『善光寺前立本尊御開帳』ですが、密を避け、皆様に安全にご参拝いただくため、6月29日(水)まで期間を1ヶ月延長させていただきます。

期間:令和4年4月3日(日)〜6月29日(水)

主な行事(令和3年6月現在)

3月27日(日) 回向柱受入式
4月 2日(土) 前立本尊御遷座式
4月 3日(日) 開闢大法要
4月23日(土) 中日庭儀大法要(浄土宗)
5月 7日(土) 中日庭儀大法要(天台宗)
6月29日(水) 結願大法要
6月30日(木) 前立本尊御還座式

中日庭儀大法要

令和四年御開帳に関する案内(PDF)を表示する