善光寺からのお知らせ

仁王門北側の2像をライトアップ始めました。

仁王門再建100年・仁王像造立100年の記念イヤーイベントとして、先月27日に「第24回善光寺寺子屋文化講座」を開催いたしました。この寺子屋文化講座を皮切りに、第2弾としまして、仁王門北側に安置しております『三宝荒神像』と『三面大黒天像』をライトアップいたしました。
仁王像は有名ですが、その北側にある2体の像はあまり存在を知られておりません。この度、仁王像と同じく高村光雲と米原雲海の作である『三宝荒神像』と『三面大黒天像』を昼間ライトアップすることで、存在を視認いただけます。

11月6日(火)より常時ライトアップ開始
午前6時~午後8時まで点灯しています。

なお仁王像とこの2像の原型が、本堂西側の日本忠霊殿1階・善光寺史料館にて展示中です。ぜひ参拝の折は拝観していただきますようお願い申し上げます。(本堂内陣券で、拝観いただけます。)