善光寺本堂写真
300年の歴史を伝える本堂 法燈かがやき、読経の声がひびく

 本堂は創建以来十数回もの火災に遭いましたが、そのたびに善光寺を慕う全国の信徒によって復興されてきました。現在の本堂は宝永四年(1707年)の再建で、江戸時代中期を代表する仏教建築として国宝に指定されています。間口約24メートル、奥行き約54メートル、高さ約26メートルという国内有数の木造建築で、T字型の棟の形が鐘を叩く撞木(しゅもく)に似ていることから「撞木造り」と呼ばれています。屋根は総檜皮(ひわだ)葺きです。

 最奥の瑠璃壇には、御本尊・一光三尊阿弥陀如来様をお祀りしています。

 


本堂のご案内

本堂内部をご案内いたします。

 本堂イラストマップ内の番号をクリックしてください。
 ご説明のウインドウが開きます。(別窓ポップアップ)

本堂のご案内図 8.瑠璃壇・ご本尊 10.御三卿 9.不滅の法灯 11.お戒壇巡り 6.二十五菩薩・百観音 7.地蔵菩薩・弥勒菩薩 7.地蔵菩薩・弥勒菩薩 5.内陣 1.妻戸 4.閻魔像 3.親鸞松 2.びんずる尊者

※下記のリストより名前を選択しても説明を見ることができます。


ページ:| 1 | 2 | 3 | 4 |